【まとめツイート】クラウドファンディングで成功する人とは?

どーも、信用も実績もない猫吉(@nekokichi1_yos2)です。

 

個人が気軽に資金を集める方法として、

クラウドファンディング(資金調達)

という方法があります。

 

クラウドファンディングとは、

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。 ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

引用:Wikipedia

 

従来は、企業のような大きな規模の組織しか資金を集めることはできませんでした。

 

しかし、ネットの登場で個人が何千万の人々とつながるようになり、資金調達を簡単に行えるようになりました。

 

したがって、もし今あなたに実現したいプロジェクトがあれば、クラウドファンディングを利用して、必要な資金を集めることができます。

 

ですが、実際にクラウドファンディングで資金を集められるでしょうか?

 

起業家たちは、

 

「お金がないならクラウドファンディングを活用すればいい」

 

と言っていますが、全員が全員資金調達できますか?

 

不特定多数に対して、

「お金ください!!」

といったところで見向きもされませんし、

「みなさんの収入をアップさせます!!」

みたいな胡散臭いフレーズで資金を募れば、後で炎上するのがオチです。

 

では、クラウドファンディングで成功できるのはどんな人か?

 

それでは、書いていきます。

 

本文ツイート

 

 

クラウドファンディングの仕組み

 

クラウドファンディングは、人からお金をもらって、もらったお金でプロジェクトを完遂させるのが目的です。

 

社会貢献、新商品の開発、新しいコミュニティなど、画期的で魅力ある素晴らしいプロジェクトに人は出資します。

 

「じゃあ、「アフリカでボランティアがしたい」、っていうプロジェクトならすぐに資金を集められるの?」

 

いいえ、誰もが簡単に資金調達ができれば誰も苦労しません。

 

そもそも、クラウドファンディングとは、個人や団体が資金を集めるためのWebサービスです。

 

新規プロジェクトのアイデアを披露する場ではありません。

 

そして、人からお金を集めること、とは一体どういうことだと思いますか?

 

僕は、価値を提供すること、だと思います。

 

例で説明します。

 

例えば、あなたはコンビニやスーパーで商品を買いますよね?

 

何十種類もある商品の中から、あなたは日々、取捨選択をして「これだ!」と思った商品を購入します。

 

なぜか?

 

それは、あなたが購入した商品に対して何らかの価値を見出しているからです。

 

もしお弁当を買うとしたら、

  • 具材
  • 見た目
  • 値段

など、様々な要素を頭のなかで考慮します。

 

数ある組み合わせの中でベストだと思ったものを買います。

 

クラウドファンディングへの出資も買い物と同じです。

 

仮にあなたがプロジェクトを立ち上げたとして、誰かがあなたのプロジェクトに何らかの価値を見出さない限り、お金を出すことはありません。

 

日本は不景気で、人間はみな裕福ではないので、わざわざ身銭を切る人はそうそういません。

 

身銭を切るとしたら、お金以上の価値を見つけた場合のみです。

 

もし、誰かがあるプロジェクトにお金を出せば、

「面白そう」
「実現してほしい」
「この目で体験してみたい」

という感情が湧いているはずです。

 

ポジティブで欲深い感情で僕たちは商品を買っているので、プロジェクトが人々の欲を引き出せれば、資金調達は実現できるかもしれません。

 

クラウドファンディングで成功する秘訣

 

クラウドファンディングで成功するには、

  • 他にはない実績
  • 社会のためになるプロジェクト

が必要です。

 

まず、誰もが持っていそうな実績しかなければ、目立ちませんし、誰にも興味を惹かれません。

 

言い換えると、”出る杭は打たれる”ような杭みたいな存在になれ、ということです。

 

例えば、TOEIC400点とTOEIC990点とでは、どちらの方に英語を教わりたいですか?

 

当然、TOEIC990点ですよね。

 

なぜなら、より高い点数を取るのは困難ですし、困難なのでTOEIC990点を取得している人は少ないからです。

 

ただでさえ、英語を完璧にマスターしてる人が少ない日本において、TOEIC990点は重宝されます。

 

つまり、希少価値が高く、普通の人にはない圧倒的な実績は、まず人々の興味関心を引くのに有効だということです。

 

そして、成功する秘訣の2つ目。

 

社会のためになるプロジェクトとは、社会貢献ができるプロジェクトのことです。

 

人間や社会のために良いことをすれば、人々から賞賛されます。

 

なぜなら、誰かを助けたり、社会に貢献することは、素晴らしいことだと認識されているからです。

 

例えば、寄付を募るボランティア、が社会貢献のいい例ですね。

 

アフリカの貧しい子どもたちに学びの機会を与えるために、資金を寄付で募り、募った資金で教科書や文房具を調達するなど。

 

あるいは、東南アジアの患者を救うために、ワクチンを作れるペットボトルキャップを集めるなど。

 

もちろん、1度の寄付で集まる金額では、アフリカや東南アジア全土の人々を助けることはできません。

 

しかし、社会貢献のプロジェクトに寄付をすることは、

「自分は社会に貢献している」

「貧しい住民を助ける力になりたい」

という承認欲求を満たすことにつながります。

 

つまり、お金を出す=社会貢献、という図式が成り立つのです。

 

だからこそ、実現性があるないにしろ、プロジェクト自体が社会貢献を果たしているなら、小さな社会貢献をするために誰かがお金を出してくれるのです。

 

もし、あなたが立ち上げるプロジェクトがより社会貢献に沿っているなら、

「自分も協力したい」

という人が現れ、出資してもらえるかもしれません。

 

まとめ

 

ここまでクラウドファンディングについて説明してきましたが、クラウドファンディングで成功するのはごく一部の人間しかいないと思います。

 

確かに、若手起業家や既に成功している起業家は軽々と、

「お金がないなら、クラウドファンディングで資金を集めればいい」

と言っていますが、実際に資金調達を実現できるほどの信頼と実績を持つ人はそこまで多くないはずです。

 

なぜなら、もし本当に誰もがクラウドファンディングで資金調達できるなら、GDPや経済成長率が上がっているはずだからです。

 

新規事業やビジネスがどんどん生まれれば、お金が流れてきます?から。

 

YouTuberクラスの知名度がなければ、10万円以上もの資金を調達するなんて無理でしょう。

 

つまり、クラウドファンディングは一般人向けではありませんし、何の取り柄も価値もない人が取り組むべきものではありません。

 

しかし、あなたがコミュニティや団体という大きな組織に属せば、そこでクラウドファンディングで資金調達できる確率が上がります。

 

個人と組織とでは、力も規模も違いますから、少なくとも組織の方が有利なのは間違いありません。

 

とまあ、あくまで手軽な資金調達の手段の1つ、として捉えておくのがいいですね。

 

最後まで読んでくれてサンキュー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です